このこのごはん研究室

このこのごはん研究室は【このこのごはん】を研究する日本唯一の研究機関です。

【このこのごはん】は穀物が入っているから間違いなく危険ですよね!

投稿日:

【このこのごはん】はグレインフリーじゃないの?

粗悪なドッグフードの原材料

このこのごはん』は穀物が含まれています。

しかし最近のプレミアムドッグフードは「グレインフリー」が中心です。

つまり、穀物不使用のドッグフードでなければプレミアムと言えないような風潮です。

穀物が入っていては、いけないのでしょうか?

本当は穀物が小量が入っていても悪影響はほとんどない。

使い方によっては良い効果が望めるドッグフードだってあるのです。

【このこのごはん】は肉食の犬には不向きですよね?

このこのごはん

犬の祖先は狼、つまり肉食です。

しかし、人間と長い間、生活を共にするようになって、人間から餌をもらい、少しずつ雑食に変化してきました。

つまり、現代の犬は雑食なのです。

そして現代の犬に最適な栄養を補給するには肉類以外にも

  • 穀物
  • 果物
  • 野菜

これら植物性の食物をとる必要があるのです。

しかしながら、どんな穀物でも良いという訳にはいきません。

穀物によっては身体に悪くアレルギーを引き起こす可能性があるものは、徹底的に避けなければなりません。

このこのごはん穀物

それが、

  • トウモロコシ
  • 小麦
  • 大豆

これら穀物になります。

【このこのごはん】はこのような穀物は含んでいません。

【このこのごはん】に含まれている穀物は以下のアレルギーの心配がない穀物です。

このこのごはん大麦

  • 大麦
  • 玄米

この2つだけが含まれています。

この2つの穀物は安価なドッグフードのとうもろこしや小麦のように、ドッグフードの量を見せかけだけ増やすために主原料として大量に含有させていたりしません。

肉類やその他の野菜・果物とバランスさせて、犬に本当に必要な栄養を補給できるように使用されているのです。

【このこのごはん】の穀物とは

大麦(このこのごはん)

このこのごはん大麦

大麦は小麦よりカルシウムやビタミンB1、鉄分が多く、食物繊維が豊富です。

水分を吸収するのでトウモロコシや小麦と比べても消化に優しいのです。

さらに、小麦やトウモロコシと違い、血糖値の上昇も抑制する効能があるため、肥満の心配もないのです。

 

玄米(このこのごはん)

このこのごはん玄米

玄米はトウモロコシや小麦と比べアレルギーを引き起こす「グルテン」が含まれていません。

また、血糖値の上昇も緩やかなので肥満対策にもなります。

あくまで、玄米の含有は栄養素の補給として利用されます。

さらに快便のサポートを行い、便の状態を良くしてくれる効果が期待できるのです。

また、このこのごはんに含まれる大麦は、他の食物と混ざり体に負担を掛けずに消化を補助します。

そしてカルシウムも白米の3倍も含んでいるのでカルシウムを多く摂取する必要がある犬には最適なバランス食材なのです。

 

『このこのごはん』グレインフリーが全て良い?のまとめ

このこのごはん袋このように【このこのごはん】はグレインフリーのドッグフードではありません。

しかし【このこのごはん】に含まれる穀物は、アレルギーや身体に負担を掛けたり、肥満につながるような穀物ではありません。

肉や野菜とのバランスや、必要な栄養素を摂取するための必要な食物として配合されているとご理解いただけたと思います。

グレインフリーが全て良い!と思っていた方には、青天の霹靂ですね。

もし、ドッグフードの切り替えを検討中であれば、【このこのごはん】を最有力候補として挙げておくことをお勧めします。

【このこのごはん】は以下の詳しいサイトがありますので、こちらでより高い理解が得られると思います。
このこのごはん紹介サイト
【このこのごはん】が気になるなら必見のサイトになるでしょう。

このこのごはん

このこのごはん研究室